top of page

ジェルネイルのリフト:6つの原因とその対策



ジェルネイルは美しく、耐久性に優れたネイルアートの選択肢ですが、時にはリフト(浮き)が発生することがあります。リフトは修理可能であることもありますが、爪が伸びたり、リフトが進行した場合は取り外す必要があることもあります。では、リフトの原因とその対策にはどのようなものがあるのでしょうか。







ジェルを厚く塗り過ぎると、硬化時に縮みが生じ、リフトを引き起こすことがあります。厚く塗りすぎたジェルは、硬化する際の縮みが相対的に大きくなり、爪の表面からジェルが離れやすくなるため、リフトが発生しやすくなります。

対策:

  • ジェルは薄く均一に塗り、必要に応じて複数回に分けて塗り重ねると良いでしょう。

  • ベースジェルによって塗る量が変わってきます。ご自身の爪の状態や使用するメーカーの容量を守り使用しましょう。

  • 塗りすぎには気を付ける必要がありますが、逆に爪の先端はジェルが不足している場合があります。しっかり先端もジェルでカバーしましょう。







UVまたはLEDライトでの硬化時間が不十分だと、ジェルが完全に硬化せずリフトしやすくなります。硬化時間が不足していると、爪とジェルが完全に密着せずわずかな隙間から水分や汚れが侵入しリフトの原因となります。

対策:

  • メーカー推奨の硬化時間を守り、規定時間UVライトもしくはLEDライトを使用しましょう

  • 器具の指定する手の位置を守り爪全体がライトの下に来るように指の位置を正しく保ちましょう。







日常的な手の使用や水仕事がネイルにストレスを与え、リフトを引き起こすことがあります。洗剤などに含まれる強力な化学物質は、ジェルネイルの化学組成に影響を与え、ジェルの強度が低下し、リフトや剥がれが起こりやすくなります。

対策:

  • ネイルを保護するために、特に水仕事の際には防水手袋を着用しましょう。

  • 爪の保湿を定期的に行いましょう。







ジェルネイル施術前の爪の準備が不十分、特に、爪の表面から油分や水分を除去するというステップを怠ると、リフトの原因になります。

対策:

  • ジェルネイルを施す前には、ネイルの表面をを完全にクリーニングし、軽くサンディングしてオイルや汚れを取り除くことが重要です

  • 爪が均一な長さと形になるようにファイリングします。爪の端は滑らかにし、引っかかりがないように注意しましょう。








ジェルネイルは定期的なメンテナンスが必要です。5~6週間放置していると、劣化してくるので、定期的にメンテナンスをし、美しい爪を保ちましょう。

対策:

  • ジェルネイルは定期的なメンテナンスが必要です。2〜3週間ごとのメンテナンスをお勧めします。









対策:

  • ベースコートとトップコートを正しく使用することで、ジェルネイルの持ちを良くし、リフトを防ぎます。


これらの原因に気を付けながら生活をしていてもリフトが起こってしまった場合は、それ以上リフトが広がらないように気を付け、自分で修復するのではなく、できるだけ早くプロに修理をしてもらいましょう。






ジェルネイルはその美しさと持続性で多くの人々から愛されていますが、時にリフト(浮き)の問題に直面することがあります。この記事では、リフトの主な原因とその対策について詳しく解説しました。ジェルネイルを楽しむ上でリフトは避けがたい問題かもしれませんが、適切な対策を講じることでそのリスクを最小限に抑えることが可能です。適切なケアとメンテナンスによって、ジェルネイルの美しさをより長く楽しむことができます。



Recent Posts

See All

Comments


bottom of page