top of page

ジェルネイルとは?利点と注意点、アクリルとの比較、施術方法など紹介!



ジェルネイルは、長持ちする特性と自然な付け心地により、アメリカで人気上昇中です。ネイルをより魅力的に見せたい方々にとって、ジェルネイルは理想的な選択と言えるでしょう。


この記事では、ジェルネイルに焦点を当て、アクリルとの比較、利点と欠点、施術方法、そしてなるべく長く美しさを保つコツについて解説していきます。









ジェルネイルはLEDやUVライトで硬化させるタイプのネイルで、2週間から場合によっては4週間以上も光沢と強度を保てます。自然なルックス、速い硬化時間、欠けにくい特徴が特に魅力的ですが、オフする際の難しさなどによる自爪へのダメージのリスクもあります。



一方、アクリルネイルは、液体と粉末を混ぜて自爪に硬い層を作り上げ、空気で乾燥させる方式です。その強度と、爪を長く見せれることで人気ですが、爪の成長に伴うギャップを定期的にメンテナンスをする必要があります。また、オフする際には爪や肌に刺激を与えてしまうアセトンが必要になりますが、基本的にはアクリルはアセトンでは溶解できない性質を持つので最終的に高度な技術を必要とするマシンオフが必要となります。


ジェルネイルかアクリルネイルかの選択は、個人の好みや、どんな仕上がりを求めるかによります。ジェルネイルは自然で柔らかい見た目が好まれ、アクリルネイルはその強度と長さを出せる点が評価されています。








利点:

  • 耐久性:約2週間から4週間持続します。

  • 速乾性:LEDまたはUVライトの下での硬化プロセスは、空気乾燥よりもずっと速いです。

  • 美観:自然でツヤのある仕上がりと厚みを作り出せます。

注意点:

  • オフの難しさ:自然な爪との接着が強いため、ネイルを落とすのが難しく、爪を傷つけるリスクがあります。







ジェルネイルには、大きく分けてハードジェル、ソフトジェル(オフしやすいジェル)、そしてジェルポリッシュの3種類があります。


ソフトジェルネイルは光沢感があり、長持ちするのが特徴で、アセトンで簡単にオフできるため、ネイルデザインを頻繁に変えたい人にピッタリの選択肢です。


一方、ハードジェルネイルは耐久性が非常に高く評価されていますが、オフする際はアセトンだけでは不十分で、削り取る作業が必要になります。


そして、ジェルポリッシュは、この中で一番薄くて、2週間ほど持ちます。








ジェルネイルを塗るのは、細かい作業が求められるプロセスで、シンプルな単色デザインでも約1時間ほどかかります。


ソフトジェルをオフする時は、アセトンがしっかりと浸透するように、爪の表面を軽く削ります。また、何度もジェルをオフすることによる爪のダメージを最小限に抑えるため、ジェルのベース層を残しておくこと(一層残し)がおすすめです。これにより、自分の爪を守りながら、ジェルネイルの便利さを楽しめます。








ジェルネイルの持続期間を延ばすには、いくつかのコツがあります:

  • 最適な爪の準備:塗布前に爪をきれいにし、準備しましょう。

  • 水と化学薬品からの保護:家事やガーデニング等の作業中に手袋を着用することで、水や厳しい化学薬品への露出を最小限に抑えましょう。

  • 定期的な保湿:爪の健康を維持するために、キューティクルオイルやハンドローションを頻繁に適用しましょう。

  • 爪への過度な負担を避ける:シールを剥がすなど、爪先を酷使するような作業は避けましょう。

  • 高温多湿の環境での長時間滞在を避ける:サウナやスチームバスなどの高温多湿の環境で長い時間を過ごすことは控えましょう。


これらのガイドラインに従うことで、ジェルネイルをできるだけ長く美しく保つことができます。








安全についての注意点として、ジェルネイルを硬化させるために使用されるUVライトは皮膚がんの発生を促すことが知られています。当店J flow NailはUVランプではなくLEDランプを使用することで対応しています。









ジェルネイルのデザイントレンドは常に進化しており、マグネットネイル(キャッツアイ)やカスタムデザインが人気を集めています。変わりゆくトレンドにもかかわらず、フレンチマニキュアのようなクラシックなデザインは引き続き人気があります。







J Flow Nailでは、爪を守りながら美しいネイルアートを楽しめるように、ダメージを最小限に抑える施術を行っています。。トップコートとカラージェルを削り取りつつ、ベースジェルをそのまま残すことで、爪が薄くなったり、乾燥したり、弱くなるのを防ぎます。この方法は、爪を健康に保ちつつ、ネイルアートの魅力を存分に楽しめるように考えられています。


このアプローチは、アセトンを使ったオフの方法によるダメージを避け、健康的な爪を保つことができるため、ネイルアートを続けたい方には特におすすめです。




Comments


bottom of page